実績豊富!東京5区エリアの不動産売買 信義房屋不動産(しんぎふさやふどうさん)

不動産レポート

売買仲介インスペクション導入始まる﹑中古住宅マーケット活性化に期待﹑買い主に安心感も、マンションには不向き?

公示地価が強含み 上昇率は西高東低 インバウンド需要は昨年後半に拡大:住宅地10年ぶり、商業地が3年連続、地方圏26年ぶりに上昇

民泊法の期待と不安、地域住民の拒否反応強く、自治体独自の規制強化:賃貸住宅業界&周辺事業者は新サービス相次ぎ投入

近畿圏の不動産市場 訪日客増加と職住近接の開発が投資家引き付ける:大阪市、京都市の中古騰落率は高水準

2018年不動産マーケット展望:景気腰折れせず、消費者心理改善の1年 - 東京五輪や皇室行事などお祝いムードが後押し

2017年不動産市場を振り返る:分譲住宅は及第点・商業用物件は安定感増す【東京都心に需要集中の1年】

消費者はマンション価値の探り合い?販売価格の高騰、Go East加速「東京湾岸エリアはタワマン大量供給が続く」

日本の地価にピーク感が強まる : 東京23区と京都市などに資金集中「基準地価(都道府県地価調査)から見た市況」

ジレンマ抱える不動産マーケット:中古住宅再生と収益物件の新規供給「相反するベクトルが同居する」

2017年半期、実需・投資を点検:年収倍率バブル期水準、ビル賃料は強気

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7